薬剤師の人間関係は結構ややこしい

薬剤師としてのキャリアアップも今後も目指す

薬剤師でも、人間関係に悩んで転職したい職場の悩みで体調も悪くなりました薬剤師としてのキャリアアップも今後も目指す

こうした経験から、薬剤師を目指す人は忙しさへの耐性が必須だと思います。
楽に働けそうというイメージを持っているのであれば、絶対に壁にぶつかるでしょう。
また忙しさは人の心の余裕をなくし、絶対に仕事に穴を空けられないというプレッシャーが付きまといます。
私はこの仕事を選んだことに後悔はしていないのですが、ようやっと割り切って働けるようになったのはつい最近の話です。
特に好条件のドラッグストアが乱立している現在では、多数の人材が病院勤務からこちらに流れています。
個人的に最も自分を高められるのは大学病院での勤務だと思っていますが、同じようにそこを目指している人は覚悟を持っておいてください。
それとドラッグストアでも病院でも、患者さんとの人間関係があります。
薬剤師は医師や看護師の陰日向なイメージがありますが、不意に患者さんから感謝の言葉をもらえたときには涙が出そうになります。
本当にこれだけは自信を持って言えるので、これからも薬を求めている人のために働き続けたいです。
最後になりますが、人間関係はどの仕事でも悩みになりやすいものです。
煮詰まったでも簡単に辞めることはできませんし、ある程度の忍耐力はあって当然の世界なのかもしれません。
そういう意味で私たちの職種は売り手市場なので、比較的新しい職場を探しやすいのは幸せです。
これからも長く需要が続くよう、自分磨きをしていきます。